6ヶ月シェイプアップの結果

いつの年代も世の中の関心を集めるシェイプアップ。
私も40年代を目の前にして、ウェイトを-5間隔減らそうという決断しました。
ただ急激シェイプアップは心身ともに困難をきたすので、6ヶ月をかけてきっちり痩せていくことにしました。
今回はこちらが実践したシェイプアップテクニックをお伝えします。

①サッカライド規制

基本的に夜はご飯を含むサッカライドを食べませんでした。
その代わり、野菜や魚、肉類をたっぷりと摂取しました。
最初はお腹がすきましたが慣れてくると大丈夫になりました。
朝、昼間は普段取る嵩を半分に切り落としました。
こちらも最初はお腹がすきましたが、これから慣れてきました。

②ダイエット

夜更け9段階以降はお水、お茶以外は摂取しないように心掛けました。
スピリッツはビール、ワイングループは遠退けサッカライドゼロのビール、チューハイなどずっと低カロリーのものを摂取するように勉めました。
また軽食も極力手広く食べないように、分割になっているものを仲間、仲間摂取するようにしました。
朝食はカロリーのおっきい菓子パンを避け、なるべく食パンにしました。

③簡単な活動

デイリースクワット50回、腹筋50回をしました。
時間は決めずに空いている残り歳月を利用しましたので、歳月の縛りがなく気軽にできました。
スクワットは大腿に筋肉を置き引き締める結果、腹筋はお腹、ウエスト周りの引き締めるために行いました。wacodesigns.com

またできるだけ日々の退職も自転車を使うのではなく、散策ゆするように勉めました。
携帯に万歩計アプリケーションを入れ一年中の歩数を導き出し、そこから補充カロリーを計算して頂きました。

6ヶ月シェイプアップの結果!

上述3地を日々繰り返し行った成績、6ヶ月で6間隔のシェイプアップに成功しました!!
シェイプアップを通じてたいして順調にウェイトが減っていきました。
最初は夜更けお腹がすいてしまいほんのり耐え難いなと感じましたが、じりじり体躯が慣れて赴き気にならなくなりました。
6間隔痩せたので10前のスカートが加わるようになり、衣装のバリエーションも拡がり嬉しいです!

これからはリバウンドすることがないように、日々気をつけていきながら過ごしていきたいだ!

「腸内環境」という台詞を耳にすることが増えてきたのではないでしょうか

今日「腸内環境」という台詞を耳にすることが増えてきたのではないでしょうか。腸は栄養素を吸収し,いらないものを排出するプラスを持つ結果,第2の脳と呼ばれており,非常に重要な五臓六腑だ。

腸の中には悪玉菌,善玉菌,日和見菌が存在しており,日和見菌を善玉菌として,悪玉菌を増加させないようにすることを,腸内環境を整えると言います。

 腸内環境が良くないと,便秘になるだけではなく,口臭や体臭にまで影響が出て来る。僕は,便がべたっとして脂っこく,便器にへばりついて取れないことから,自身の腸内環境が良くないのではないかと思うようになりました。

便が脂っこいって,便の切れが酷く,いつまでもトイレットペーパーで拭き取らなければならない結果,切れ痔の原因となり,お尻にも悪いと感じました。

なので,ヨーグルトを摂る結果,善玉菌の一種である乳酸菌を摂取してみることにしました。ヨーグルトを選ぶうえで大切なことは,胃酸に強い,腸に届く系統の乳酸菌で作られたヨーグルトを選ぶということです。

 ヨーグルトを食べ始めて1週たつ間から,便が脂っこくなくなり,便器にへばりつかなくなりました。便の切れも良くなりました。二度と,排泄も良くなり,一年中便意を感じるようになりました。

 善玉菌を繰り返す秘訣として善玉菌の食生活となる食物繊維などを売る秘訣といった,ヨーグルトのように直善玉菌を摂取して繰り返す秘訣があります。そこで,果物にヨーグルトをかけて食するようにしました。リンゴ,バナナなど日によって果実は変えています。そうすることで,善玉菌の食生活です食物繊維と善玉菌の1素材です乳酸菌ってを一緒に摂取することができます。から腸内環境に嬉しい食べ方といえます。

 腸内環境が良くなると,排泄が改善されるだけでなく,肌質の変化にも効果があるそうです。手軽な秘訣なので,今後も続けていきたいと思います。xd-hg.com